最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

グリムス

犬が食べられない食材

 ・チョコレート
 ・ねぎ類
 ・鶏肉、魚のかたい骨
 ・塩分の多いもの
 ・生卵の白身
 ・イカ、タコ、エビ、カニ
 ・貝類
 ・香辛料
 ・熱いもの
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

込めた思い!

ママは子供の日になんで鯉のぼり飾るんだろう??
なんで、この鯉で遊んじゃいけないんだろう??
って思って聞いてみたんだ。
込めた思い


そしたらね、僕も忘れてたんだけど
4年前の今日、僕は入院したんだ。
それで、その時の子供の日に健康に成長して欲しい
って思いを込めて鯉のぼりを飾ったみたいなんだ。

僕ね、レッグペルテスっていう病気だったんだよ。
先天的な病気でね。
足の付け根の骨が壊死して変形しちゃうっていう病気なんだ。
1歳までに発病しなければ、もうなることはないらしいんだけど、
僕は7ヶ月ぐらいの時に発症しちゃったんだ・・・。
込めた思い


僕ね、パピー時代、ホント体弱くてさ。
ペットショップにいた頃から風邪をひいてたんだよ。
それで、お家に来てからもずっと病院通い・・・・・。
安静にって言われたからお散歩も行けなかったんだ~。
それで、やっと治ってお散歩にも行けるようになったな~??って
思ったら、今度は足の調子がおかしくなったんだ。
込めた思い


後足が片方痛くて、僕は後足の片方を時々あげるようになったんだ。
ママたちビックリして病院に僕を連れて行ったんだけど、
その時はまだ様子を見ましょうって言われたんだ。

最悪、手術しなければならないかもしれないけれど、
程度によっては薬で治る場合もあるってことでね。

それからお薬飲みながら、また安静にして様子を見たんだけど
1ヶ月半たった頃、やっぱり手術しなければ駄目だって分かったんだ。
壊死して変形しちゃった部分を切除する手術。
決して簡単な手術ではないって言われてね、
麻酔に耐えられない子もいるっていう説明なんかもされて、
ママたち、すごく考えたみたい。

だけど、僕もう痛くてどんどん食欲もなくなってたし、
後足片方はもうつけなくて3本足で歩いてる状態だったんだ・・・・・。
込めた思い


麻酔は、先生に遺伝的なものだから
僕のお父さんやお母さんなどにそういう子が
いなければまず大丈夫だって言われて調べたんだ。
そしたら、大丈夫だって分かってちょっと安心したみたい。

手術はしないと治らない病気なんだし、
あとは先生を信用するしかないもんね。
込めた思い


それで、4年前の今日僕は入院したんだ。
僕の手術は無事に成功!!
でも、絶対安静!
切除後の骨が変な形で固定されたら大変だからってね。

それで、2週間は入院が必要だって言われたんだ。
しかも、絶対安静だから面会も不可だったんだよ。

ママは病院に通って様子を聞いたり
ビデオカメラを看護婦さんに渡して撮影してもらったりしてたみたい。

それで、僕はどんどん良くなっていったんだ~。
でも、先生達はすごく僕のことを考えてくれてたんだけど
ママたちのことはあんまり信用してなかったみたいなんだ。

会ったら、暴れさせるだろうって。
家に帰ったら、安静にはさせられないだろうってね。
込めた思い


だから、2週間たってねママ病院で説明を受けた時に
もう骨も安定してきてるけれど、
まだまだ安静にしていなければいけないから
退院はさせられないって言われたんだ。

特に治療があるのか聞いてもそれはないけれど、
家に帰れば安静にはさせられないから駄目だって。

ママは手術は入院後すぐだったし、
その後も順調だって聞いてたから、
2週間で退院できるって思っちゃってたんだ。
それなのに、まだ退院できないって、
会わせられないって先生に言われて
すごくショックだったみたいなんだ。

さらに犬は、飼い主さんから離れてしばらくすれば、
その環境に慣れるもので、淋しがっていないから
大丈夫だとも言われたらしいんだよね。

それで、ママはついに切れちゃったんだ・・・・・。

先生とママは言い合いになっちゃってね。
先生もママも僕のことホントに大事に思ってくれてたんだけど、
お互いにお互いがちょっと信用できなくなってたのかも。

先生は「責任とれませんよ!」って。
ママは「大丈夫です!結構です!!」って
そして、ママはその日、僕を家に連れて帰ったんだ。

でも家でもトイレとベットだけの90cm×90cmの
小さなサークルの中に閉じこめられてたんだけどね。

それでも、日が差す時間帯は窓辺に
夜は部屋の中央に、寝る時は寝室にってサークル移動してくれたし
時々話しかけてくれたから、安静にしながら
退屈しないで過ごせたんだよ。

そして、こうしてちゃんと足も治ったんだ~!!
込めた思い


付け根の骨が無くなっちゃったから、
オスワリすると片足だけすごい内股になっちゃうし、
フセするとちょっと変だったりするけどね~。
込めた思い


それにね・・・・・、

これは最初から言われてたことで、しかたないんだけど
切除したことで足の長さが右と左で違っちゃったのと、
僕パピー時代ほとんど安静にして生活してたから、
後ろ足の筋肉もあんまりなかったんだよね。
それで、今度は切除してない足の膝が脱臼しちゃったんだよ。

最初は、また手術かな~??って思ったんだけど
小型犬の場合は、膝の脱臼=手術とは限らないみたい。
程度にもよるみたいだけどね。

僕の場合は関節のサプリ飲みながら体重管理して
またあんまり激しい運動をしないようにして様子をみるってことになったんだ。

でも、その後、ひどくなることもなくて今は普通に生活してるんだよ!!
お散歩にも行くし、走ったりもするよ~!!
後足2本でも立てるしね!
込めた思い


ママは、これからも僕がずっと健康でいられるように!
ってそれが一番の願いなんだってさ。
だから、健康と成長を祈願した子供の日の鯉のぼりは、
欠かせないんだって。
込めた思い


なるほどね!!
スポンサーサイト

テーマ : わんことの生活 - ジャンル : ペット

コメント

やこ丸さま

はじめまして!!
コメントありがとございます(*^。^*)
同じ病気だったんですね~。
でも、2泊3日のお泊りで、退院後は、いっぱい歩かせるようになんて( ̄□ ̄;)!!
全く逆ですね・・・。
遠くて通えないのですが、当時、知人の獣医さんにも相談したのですが、
その先生の場合は1週間ぐらいで退院させるって言ってました。
先生によって全然違うものなんですね~!!
でも、お互いに元気に走り回れるようになって良かったですね!!
うちもたまに片足上げてますよ。^_^;
前のめりになると長さが違うのであがってしまうみたいです。^_^;
今度、遊びにいきますね!!

はじめまして!

ブログ村から来ました。
ミニピンとスムチーと生活しているんですがスムチ-がやっぱりレッグペルテスで手術しました。
うちは2泊3日のお泊りで、退院後は、変な風に骨が固まらないようにいっぱい歩かせてください!って言われました。
いかにもチワワ飼いだから散歩してないんじゃないか?って風な言われ方をしてムカつきました・笑
今ではたま~に肢を上げるくらいで(癖っぽい)元気に走り回ってます。
レイ君もいっぱい走っていっぱい遊んで、元気に過ごしてくださいね~
共感してしまったので、ついつい長くコメントしちゃいました!
また遊びにきま~す。

★コメントありがとうございます(*^。^*)★

v-22みーたんさま

栗君「ケンネルコフ」だったんですね~。
苦しかったでしょうね。
でも、今は元気でパパにもなったんですものね♪♪
健康でいてくれるってことはホントにありがたいですよねo(〃^▽^〃)o!

v-22りぼんままさま

りぼんちゃんもピース君も大きな病気したことがないなんて
素晴らしいですねo(〃^▽^〃)o
ミニピンちゃんって、みんなそれぞれ色々な病気など
持ってる子も多かったりしますよね。
レイのことは、これからもしっかり守ります!!

v-22vickyさま

実際のところ私達は何もできなかったですよ・・・。
心配するだけで。^_^;
病院の先生とレイ本人の頑張りのお陰ですね。(*^。^*)
vickyちゃんが元気ならチョットくらいバカでも!?って~。
健康が一番ですものね♪
でも、vickyちゃんはとってもお利口さんですよo(^▽^)o!!

れいくんが今、元気でいられるのは
パパとママのお陰だねv-237
もう、心配で心配でしょうがなかったと思うよ・・・
みんな、健康に育ってくれる事が一番の願いですものねv-219
うちのパパも「vickyが元気なら、チョットくらいバカでもいいや」って
よく言ってますv-7
れいくん、これからもいっぱい楽しい事教えてねv-221

レイ君 そんなことがあったのですね
それはパパもママも心配だったでしょう
我が子の健康が一番ですからね

りぼんもピースも今まで大きな病気もせず
育ってくれたこととてもありがたいことだと思います

わんこが病気で悩んでいる飼い主さんはいっぱいいらっしゃいますから。

レイ君はパパとママにちゃんと守られて幸せですね

れいちゃんホントに元気になってよかったね~(T・T)
小さいときから大変だったけど、
ママやみんながいたからこんなにイイコに育ったし
元気になれたんだね♪

栗も「ケンネルコフ」で呼吸が苦しそうで
見てられなかったことを ちょっと思い出しました。

うちも来年から健康に感謝してお祝いします!!

大切なことを思い出させてくれてありがとうございます☆

★コメントありがとうございます(*^。^*)★

v-22janさま

ありがとうございます。
これからもいつまでも健康に育って欲しいと思ってます(*^。^*)!

v-22ちあきさま

もう少し後足に筋肉をつけたいと思っているのですが、
小さい頃に疲れると抱っこしてもらう癖をつけてしまったので
駄目ですね・・・、 頑張らないと!^_^;
ロンメルちゃんたちもグルコサミン飲まれてるのですね~。o(^▽^)o

v-22noricaさま

全然、分からなかったですか~?
良かったo(^▽^)o
体が小さいだけに手術はホントに心配でした。
今だったらもう少し冷静になれたかな~??^_^;
あの時はもう勢いで連れて帰ってきちゃいました。

v-22まーさま

ご長男さま子供の頃、大変だったのですね。
思い出させてしまってごめんなさい。
でも、今ではお子様もいらっしゃるとのことホントに良かったですね。o(〃^▽^〃)o
レイもこれからもずっと元気に走り回って欲しいと思ってます(*^。^*)!!
MAX君は丈夫なんですね♪ なによりですね~o(^▽^)o♪♪

v-22ナコさま

レイは1歳半ぐらいまでは色々病弱な感じでしたね。^_^;
今では頭をぶつける程すっかり元気でワンパクですが!!
2週間会えないというのは、ワンコより飼い主の方が辛いんですよね・・・。
色々と余計なことを心配してしまったり・・・。^_^;
でも、ホントに健康が一番ですね~o(^▽^)o♪♪

v-22ほびたんさま

レッグペルテスはとても痛いもののようです。
入院前は痛くて食欲が殆どなくなってしまっていたのですが、
退院後は、食欲旺盛になってました!!(*^。^*)
小さい頃に弱々しかったせいか、余計にこうして元気で
いてくれることがホントに嬉しいですo(〃^▽^〃)o♪♪

v-22megさま

チョビ太君も大変だったんですものね~。
元気も食欲もない姿を見てるのって
ホントに辛いですよね。
チョビ太君もレイもホントに元気になってくれて良かったですね!!(*^。^*)
元気な姿は見てるだけで幸せですね~o(〃^▽^〃)o♪♪

v-22minaさま

ちょうど、入院した日から丸4年経ちました!!
すっごい昔のことのようにも感じますし、
ついこの間のような気もします。
小さい頃、あまり遊べなかった分も
これから楽しい事いっぱいさせてあげたいです。o(〃^▽^〃)o
スニフ君、これからもいっぱい遊んでね~♪♪

v-22yuzumamaさま

おかげさまで今はホントに元気です!!
膝はまだ時々はずれますが。^_^;
もう少し筋肉をつけなければ!!
PIPIちゃんも今では、とっても元気で、
そんなことがあったなんて全く思えませんよ!!
回復するまでに1年かかると言われたのに
半年で筋肉も元に戻ったなんて
yuzumamaさんの愛のこもった介護のおかげですね。
PIPIちゃんもレイも元気に走り回れるようになって
ホントに良かったですねo(〃^▽^〃)o♪♪
ついつい甘やかしてしまう気持ち分かります。^_^;
でも、元気が一番ですものね♪ 

v-22リキさま

そうですね。
生き物を飼うのは、とっても楽しいことですが、
それと同じぐらい大変なことや辛いこともあるかもしれませんね。
でも、今はとっても幸せです!!(*^。^*)

v-22おむママさま

おかげさまで、すっかり元気で盗み食いまで出来ます。^_^;
あの時はホント感情だけで、連れて帰ってしまったのですが、
それでレイの足がおかしなことになっては大変なので、
意地でも安静にさせてました。
でも、定期的に病院に経過を見てもらいに行かなければならず、
その際に先生と顔を合わせるのはちょっときつかったですよ。^_^;

おはよぉ~☆彡

そんな大変な思いをしてたんやねぇ~、レイくん
でもそんな事、微塵も思わせないくらい元気いっぱい!はしゃぎ回れる様になって良かったね(*^-^*)

病院の先生もレイくんの事を思っての事だったろうし、ママさんのお気持ちも解るし、連れて帰って本当に安静にさせれたママさん、凄いですよ♪

我が家だったら家で安静にさせれなさそうなんで入院続行だな( ̄ー ̄;

レイくん小さな体で大変な思いしてるんですね

動物を飼うって本当に大変なんですね

このブログを読んで本当に思いました

そんな大変なことがあったとは思えないぐらい、今は元気ですね。
うちのPIPIは7ヶ月の時に、飼い主の不注意で交通事故に遭って、大学病院で手術しないといけないぐらいの重症。痛々しくて可哀相で、ほんとに自分を責めました。
無事手術は成功、退院してからもサプリメントと手作り食で、衰えた筋肉の回復させること、それがせめてもの罪ほろぼしだと思いました。
お陰様で、今では元気に走り回るほど元気になり、私たちもホッとしています。
完全に回復するまでに1年ぐらいかかると言われてましたが、半年ほどで筋肉も元に戻りました。
一番は、本人の走りたい気持ちだったと思います。

レイくんも、大変な病気を乗り越えて元気に過ごせるようにと鯉のぼりを飾る気持ち解ります。
うちもついついPIPIを甘やかしてしまい、甘えん坊のわがままに育ってしまったことが難点です。
ワンコチームの長男くんでsから(残念)

今日で丸4年経ったのですね。
大変だったけど、今はとても元気で、足が悪かったなんて思えないくらい走り回れるもんね(^o^)
これからもっと楽しい事いっぱいしようね~♪
れいく~ん=^ェ^=

レイくんも大変だったんですねー。
手術怖かったですよね。
2週間も入院していたなんて、
心配でしょうがなかったでしょう。
元気ってすごいなーって思います。
うちは暴れん坊だけど、
世話が焼けるけど、
元気だからいいやーって
いっつも自分にも甘いです。
でも、元気がイチバンなんだ。

大事な大事なこいのぼりですね。

レッグペルテスっていう病気初めて聞きました。
レイくんまだ小さいのに痛い思いをしてたんですね;
レイくんもママさんも物凄く不安だったでしょうね。
でも手術頑張って2週間とゆう長い入院生活も頑張って
今は元気いっぱいに過ごせるようになって嬉しいですね^^
れいざむママさんのその深い愛情があれば大丈夫♪
レイくんこれからも健康で元気で幸せな日々を送ります!

レイくん小さい頃大変だったんですね。
今のブログを読む限り、たまに喉に詰まらせちゃったり、頭ぶつけちゃったりもあるけれどとっても元気そうで、そんなだったなんて全く分かりませんでした。
2週間以上も会えないなんて辛かったですね。
ワンコは会わなくなる時間が長くなると大丈夫っていうけど、そういう問題じゃないですよね!家族なんだし。

ほんと元気でいっぱい走りまわれるくらい回復してよかったですね!!

(TT)泣きながら読んじゃました。でも、本当に良くなってよかったですね^^
我が家のMAXは脳震とうで病院へ行ったうらいで
今までに大きな病気もせずに今日まできていますが
我が家の長男は生まれてすぐに足の病気で、ずっと病院通い!5歳の時に手術をして今は普通に生活ができ、家庭も持って子供もいますが、息子の小さい頃のことを思い出しました。だからママがレイくんのこと凄く心配した気持ちがよくわかりますい。^^レイくん
これからも元気で走りまわってくださいね^^

レイ君治ってよかったね
前遊んだ時足のこと全然わからなかったよ
小さい時の入院手術心配だよね

先生の同じこといわれたら私も連れて帰ってきちゃうよぉ

レイ君、小さい頃は大変だったんですねえ。
今はこうして元気でいられるのも日頃のケアですね。
うちもグルコザミンのサプリ飲ませてますよ。

こんばんは。

治ってよかったですね。
長く健康に育って欲しいものです。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。